直結式 土曜の勝負対談
奥田隆一郎

直結式重賞対談 〜ニュージーランドT(G2)〜

奥田隆一郎

投稿日:2018/4/6

Vstyle編集者(以下、編) 奥田さん、ドバイも終わって、クラシックがはじまりますね。あ、ちなみに奥田さんはドバイの馬券って買ったんですか?


奥田隆一郎(以下、奥) 今年は馬券は買わなかったな〜。レース自体は観たけど、馬券は日本のほうが妙味があるから。


編 たしかに日本で売る海外の馬券は堅めの決着が多いですよね。


奥 日本から勝てる馬が行くと過剰人気になるし、海外の馬に関しても強いのは日本で人気になっちゃうからね。日本人は馬券が上手いわ(笑)。


編 たしかに。


奥 まあ、高配当が期待できるレース。たとえば大混戦とか、(人気の)日本馬が凡走するレースとか、そういうのは馬券も参戦するよ。


編 このあとも香港とかイギリスとか色々ありますからね。そのときはよろしくお願いします。


奥 はい。ただまあ、そんなことより妙味的にも日本の競馬でしょう(笑)。


編 そうですよね。じゃあ、日本の競馬、お願いします(笑)! 土曜日はニュージーランドTと阪神牝馬Sが行われますが、どちらを取り上げます?


奥 出走頭数の多いニュージーランドTにしようかな。


編 了解です。ではさっそく奥田さんの注目馬をお願いします。


奥 はい。じゃあまずはアンブロジオに注目しようか。


編 前走は1400mのファルコンSで惜しい4着でした。


奥 そうね。馬券には絡めなかったけど、前走でファルコンSを走ったというのがポイントで、去年のニュージーランドTの1〜3着馬は前走のファルコンSで6・3・2着馬なんだよね。


編 そうか、馬券に絡んでなくてもいいんだ。


奥 そうなんだよ。もちろん好走するに越したことはないけど、善戦でも十分(2〜6着)。そういう馬がニュージーランドTを激走することが多いんだね。


編 なるほどね〜。


奥 去年以前にも15年はファルコンS3着馬がこのレースを勝っているし、14年もファルコンS6着馬が勝っている。


編 おお、すごい!


奥 近5年で該当馬が3勝しているんだよね。当然前走ファルコンSの4着馬アンブロジオにも注目というわけ。加えて、この馬は直結コースの東京芝1600mで2戦2勝と、マイルが適距離。ローテ、適性、距離と好材料が揃ったここは穴馬として注目だね。


編 これは注目だわ。


奥 続いてチェックするのはラムセスバローズ。これも面白い。


編 前走、同コースの中山芝1600mを勝って昇級してきましたからね。


奥 そうそう、しかも上がり3ハロン最速でね。これもコース適性は高いよ。


編 しかもデビュー以来の4戦で連対を外したことがないんですよね。


奥 そうなんだよ。まだ底を見せていない魅力があるよね。


編 そうですね。


奥 コース適性の高さと伸び代を評価して、重賞でも激走を期待したいね。


編 芝の重馬場(デビュー戦)で好走しているのも心強いですしね。では続いてプレミアムコラムのお話をお願いします。





※この続きはプレミアムコラムにてご覧いただけます。ぜひ、ご期待下さい。


奥田隆一郎

プレミアム会員に登録するだけで「(土)重賞対談結論・(日)最終レース予想」を読める!

(土)重賞対談結論・(日)最終レース予想
奥田隆一郎のプレミアムコラムは、土曜に重賞対談の最終結論、日曜に最終レース予想をお届けします。土曜はスポーツコラム(無料)でメインレースの注目馬を取り上げましたが、そのレースの最終結論(予想の印を含む)をプレミアムコラムにて公開します。また日曜は、最終レースの予想を公開します。馬券で勝って帰るためにもっとも重要なレースは最終レースといえます。それまで勝っている人はそれ以上の回収を、仮に負けていたとしても一発逆転があるのが最終レース。まさに「終わり良ければすべて良し!」を地でいくプレミアムコラムとなること間違いなし。是非、ご期待下さい。

PREMIUM
コンテンツ一覧
スポーツコラム
  • 奥田隆一郎
  • 石橋武
  • 棟広良隆
  • 古澤秀和
  • 鈴原幻象
  • 真中剣二
  • 新良武志
Vstyleスマートフォン版
外出先でもスマートフォンで
Vstyleをチェック!
PR