直結式 土曜の勝負対談
奥田隆一郎

直結式重賞対談 〜豊明S〜

奥田隆一郎

投稿日:2018/7/6

Vstyle編集者(以下、編) 奥田さん、土曜日は7月7日ということで七夕なんですけど、全国的にあいにくの天気で星は見えなさそうですね。


奥田隆一郎(以下、奥) ロマンチストか(笑)。ただ、星は気にならないけど、馬場状態は気になるな。


編 金曜日の正午の時点で福島芝は稍重、中京芝は不良、函館芝は重。ダートも同じような感じですね。


奥 土曜日もほとんど天気は変わらないみたいだからな〜。どこもかなりタフな競馬になりそうだな。


編 ですね。ダートも足抜きがいいというよりは、泥んこ馬場でしょうね。


奥 だろうね。ということは現状で持ち時計が足りない馬でも勝負になるということ。近走で惨敗している馬の巻き返しとか、泥をかぶらない位置で競馬ができる展開面を利する馬もいつも以上に出てくるだろうし、なかなか配当的に期待できそうだよね〜(笑)。


編 めっちゃ楽しそうですね(笑)。


奥 そりゃそうでしょう。高配当が期待できるんだから(笑)。


編 たしかに(笑)。ではそのあたりも踏まえて土曜日のレースをお願いします! 土曜日は重賞がないですけど、どのレースを取り上げましょう?


奥 中京メインの豊明Sにしようかと。


編 1600万下の芝1400m戦ですね。ではさっそく奥田さんの注目馬を教えていただけますか?


奥 了解。まずはオールポッシブルに注目しようか。


編 前走で現級の1600万特別を勝っていますからね。


奥 そう、朱雀Sね。直結コースの京都芝1400m外のレースだけに高く評価できる。それに中京芝コースでも短距離戦を2戦2勝と得意にしているのもいい。


編 あ〜、ほんとだ。


奥 コース適性が高いうえに前走勝った同クラスに出走してくるわけだからね。当然勝ち負けになる一頭だよ。


編 ですよね。休み明けの前走をひと叩きされた上積みも期待できるし、注目ですね。


奥 続いてチェックするのはレインボーフラッグ。


編 3走前、4走前と芝1400mで現級を好走していますね。


奥 そうね。阪神芝1400m、東京芝1400mともに直結コースだし、それ以前にも直結する中京芝1600mで好走していたりね。


編 複数の直結コースの激走馬になるんですね。


奥 そういうこと。このコースに対する適性は高いし、これも勝ち負けになる一頭だね。


編 ですね。では続いてプレミアムコラムのお話をお願いします。






※この続きはプレミアムコラムにてご覧いただけます。ぜひ、ご期待ください。



奥田隆一郎

プレミアム会員に登録するだけで「(土)重賞対談結論・(日)最終レース予想」を読める!

(土)重賞対談結論・(日)最終レース予想
奥田隆一郎のプレミアムコラムは、土曜に重賞対談の最終結論、日曜に最終レース予想をお届けします。土曜はスポーツコラム(無料)でメインレースの注目馬を取り上げましたが、そのレースの最終結論(予想の印を含む)をプレミアムコラムにて公開します。また日曜は、最終レースの予想を公開します。馬券で勝って帰るためにもっとも重要なレースは最終レースといえます。それまで勝っている人はそれ以上の回収を、仮に負けていたとしても一発逆転があるのが最終レース。まさに「終わり良ければすべて良し!」を地でいくプレミアムコラムとなること間違いなし。是非、ご期待下さい。

PREMIUM
コンテンツ一覧
スポーツコラム
  • 奥田隆一郎
  • 石橋武
  • 棟広良隆
  • 古澤秀和
  • 鈴原幻象
  • 真中剣二
  • 新良武志
Vstyleスマートフォン版
外出先でもスマートフォンで
Vstyleをチェック!
PR