コンシェルジュ的 先週の振り返り&今週の展望
棟広良隆

先週の回顧

棟広良隆

投稿日:2019/3/14

☆先週の振り返り<次走への注目馬>☆
【土曜日】
<中山3R>
4 クイーンズテイスト
デビューから3戦芝で結果が出ず。今回は初めてのダートを試されましたが、そこで漸く適性を見出しました。
千二の距離でもハナを切るスピードを見せつけ、後続に0.9秒差を付けて圧勝しました。
走破時計の1.12.6・「重」は早くありませんが、ノーステッキでしたし、また上がりタイムはメンバー中最速のものでした。まだ詰まるでしょう。

【日曜日】
<中山11R>
1 アイワナビリーヴ
新馬戦が強い内容。好スタートから3番手をガッチリとキープし、そのまま直線へ。前に行く2頭の外に切れ替えられると、そこか抜群の反応を示してグングン後続との差を広げていきました。1.48.9の走破時計も早いものでした。
しかし、今回は1.5秒差・<13>着と大敗を喫してしましましたが、敗因はいくつもあります。まずは、スタートで後手を踏んでしまったこと。流れに全く乗れませんでした。
また、重い芝・小回りの中山へのコース替わりも大きくマイナス材料として働いてしまいました。
軽い芝の広いコースが合っている馬であることが今回の結果でハッキリしただけに、コース替わりに注目しましょう。

棟広良隆

プレミアム会員に登録するだけで「コンシェルジュ的 穴馬考察!」を読める!

コンシェルジュ的 穴馬考察!
JRA開催3競馬場のメインレースの中で最も気になる魅力溢れる『穴馬』を、「棟広良隆が提唱する理論=激走レンジ<range>」に基づいて、理論的に説明します。

PREMIUM
コンテンツ一覧
スポーツコラム
  • 奥田隆一郎
  • 石橋武
  • 棟広良隆
  • 古澤秀和
  • 鈴原幻象
  • 真中剣二
  • 新良武志
Vstyleスマートフォン版
外出先でもスマートフォンで
Vstyleをチェック!
PR