コンシェルジュ的 先週の振り返り&今週の展望
棟広良隆

先週の回顧

棟広良隆

投稿日:2019/11/8

☆先週の振り返り<次走への注目馬>☆

【日曜日】

<東京4R>

6 サトノフウジン

スタートでダッシュが付かずに最後方から。『レースに向かうまでに随分と興奮していましたが、返し馬でいくらか落ち着きを取り戻すことが出来た。』というレース後の石橋脩騎手のコメントがあるように、若さが出てしまいました。

4コーナー通過も12頭中10番手。かなりの後方の位置取りで流石に厳しいと見ていましたが、直線では別次元の伸びを見せて差し切りV。メンバー中最速の上がり33.7秒は迫力あるものでした。

『能力はかなりのモノがある。』と続けているように、上でも楽しみが持てます。ただ、まだ小回りコースに替わった際の不安は大きく残っています。


<東京5R>

1 スカイグルーヴ

最内枠からコーナーリングで押し出されるように先手を奪うと、1000m通過が62.3秒というマイペースで手応え良く楽走。直線に入ってからも持ったまま。少し気合いを付けられた程度でグイグイと後続を置き去りにし、付けた着差は0.9秒とインパクトの大きな勝ちっ振りを披露しました。

走破時計の2.01.4も、同日百日草特別<1勝クラス>のホウオウピースフルよりも0.5秒早い優秀なもの。『凄い馬。』とレース後のルメール騎手がコメントするように、相当な能力を持っていると思われます。

条件替わりでの激走レンジ<range>(真の適性)を測りましょう。

棟広良隆

プレミアム会員に登録するだけで「コンシェルジュ的 穴馬考察!」を読める!

コンシェルジュ的 穴馬考察!
JRA開催3競馬場のメインレースの中で最も気になる魅力溢れる『穴馬』を、「棟広良隆が提唱する理論=激走レンジ<range>」に基づいて、理論的に説明します。

PREMIUM
コンテンツ一覧
スポーツコラム
  • 奥田隆一郎
  • 石橋武
  • 棟広良隆
  • 古澤秀和
  • 鈴原幻象
  • 真中剣二
  • 新良武志
Vstyleスマートフォン版
外出先でもスマートフォンで
Vstyleをチェック!
PR