コンシェルジュ的 先週の振り返り&今週の展望
棟広良隆

先週の回顧

棟広良隆

投稿日:2020/2/12

☆先週の振り返り<次走への注目馬>☆

【日曜日】

<東京3R>

16番バルサミックムーン

直線では他馬とは違う脚勢を見せて後続に0.7秒差を付ける派手な勝ちっ振りを見せました。走破時計1.40.1もデビュー戦を考えれば悪くありませんし、上がり36.6秒は優秀な数字です。

『装鞍や返し馬からテンションが高かった。抜け出すとソラを使っていた。』というレース後の吉田豊騎手のコメントから、まだ若さが残っているのが分かります。また、大外枠の後入れでもゲートが良くありませんでした。

まだまだ上積みが期待出来そうです。重いダートでのパフォーマンスにも興味があります。


<東京10R>

12番マッスルビーチ

1勝クラスは今回と同じ東京千六で勝利。今回は0.1秒差・<2>着と敗れてしまいましたが、上がり35.6秒という優秀な末脚を見せました。

ただ、4走前の鳥取特別は阪神千八で1.50.0という好時計勝ち。軽いダートよりも重いダートの方が合っている印象を持っていますし、距離ももっと長い方がベターに映ります。

このクラスならば十分対応出来るでしょうが、OPクラスでは激走レンジ<range>(真の適性)が問われるでしょう。

棟広良隆

プレミアム会員に登録するだけで「コンシェルジュ的 穴馬考察!」を読める!

コンシェルジュ的 穴馬考察!
JRA開催3競馬場のメインレースの中で最も気になる魅力溢れる『穴馬』を、「棟広良隆が提唱する理論=激走レンジ<range>」に基づいて、理論的に説明します。

PREMIUM
コンテンツ一覧
スポーツコラム
  • 奥田隆一郎
  • 石橋武
  • 棟広良隆
  • 鈴原幻象
  • 真中剣二
  • 新良武志
Vstyleスマートフォン版
外出先でもスマートフォンで
Vstyleをチェック!
PR