二頭両談!
石橋武

二頭両談【日曜日版】

石橋武

投稿日:2020/6/21


二頭両談(日曜版)は、スポーツマスターで配信している勝負レースのうち一鞍をピックアップして、穴馬の本命、そしてその見解をお送り致します(プレミアムコラムでは、人気馬の本命、相手の印、買い目などすべて公開しております。ぜひご期待下さい)。


なお、本日の勝負予想は函館スプリントS(G3)、ユニコーンS(G3)を含む、全5レースの予想を配信致します。



------------------------

阪神10R 垂水S 阪神芝2000m

------------------------


【単勝二頭流】

穴 馬 ◎ハナズレジェンド

人気馬 ◎*********



【穴馬の見解】

◎ハナズレジェンドは【4 8 7 24】という2、3着の多さ。着外の24戦も目立つが、そのうちの9戦は掲示板を確保しており、要は典型的な勝ち味に遅いタイプということだ。同馬の勝ち味の遅さの理由は明らかで、使える脚が短いこと。いい流れで差してきても、最後まで突き抜けられない。あるいは抜け出したところで後ろに差されるという競馬が多いのだ。同馬の理想は、スローの瞬発力勝負にならずに(=切れ負けする)、かつ馬群が縦長にならないこと(先団に追いつくまでに脚を使ってしまう)。つまり締まった流れをほとんどの馬がひとかたまり(ざっくり言えば、10馬身程度のなかにほとんどの馬が追走しているようなイメージ)で進んでいて、徐々にペースアップ。先行馬にちょっと厳しいくらいの流れならなお良い。だから同馬が好走したレースは、中山や京都、阪神の内回り、またローカル。そういう競馬になりやすい1400mでも好走した実績があるし、流れさえあえば長距離2600mも好走できる。このように好走できる展開のレンジがめちゃくちゃ狭い馬で、アタマでは買いづらいタイプだ。ただ、今回はこの条件がすべて揃う可能性がある。もちろん競馬だけに、縦長の展開にならないとも限らないが、切れない馬が勢揃いしたようなメンバー構成で、タガノアスワドが引っ張るレースは澱みのない早め平均となる。レース後半は切れない馬たちが早めに先団にとりついていく、馬群が一団となるレースで、これこそまさに◎ハナズレジェンドが待ち望んでいた流れ。それですら勝ち切れるかどうかで、3連複を押さえておくことをオススメするが、高配当が狙える一戦だ。

◎ハナズレジェンドと同タイプの△*********を最大の惑星としつつ、両馬の大駆けを期待したい。




-----------------


「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 

1. スポーツマスターにアクセスする。

2. スポーツマスターで、無料会員登録する。

3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで

ください。


「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト

https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

石橋武

プレミアム会員に登録するだけで「二頭流一鞍道場」を読める!

二頭流一鞍道場
皆様の「重賞の穴馬が知りたい!」というお声にお応えし、石橋武のプレミアムコラム「二頭流一鞍道場」の土曜日版がリニューアル!その週に行われる重賞1~3鞍の注目穴馬をズバリ指摘。枠順確定後の更新だけにより高精度、より勝負に徹した穴馬情報をお伝えすることが可能となります。まさにプレミアムにふさわしい情報となること請け合いです。そして、日曜日版では従来通り、厳選した勝負レースの印、買い目、見解をすべてご覧いただけます。ぜひ、ご期待下さい。
※「二頭流一鞍道場」日曜日版は、スポーツマスターで公開されている勝負予想とまったく同じものを1レース分、ご覧いただけます。

PREMIUM
コンテンツ一覧
スポーツコラム
  • 奥田隆一郎
  • 石橋武
  • 棟広良隆
  • 鈴原幻象
  • 真中剣二
  • 新良武志
Vstyleスマートフォン版
外出先でもスマートフォンで
Vstyleをチェック!
PR