コンシェルジュ的 先週の振り返り&今週の展望
棟広良隆

先週の回顧

棟広良隆

投稿日:2020/6/30

☆先週の振り返り<次走への注目馬>☆

【土曜日】

<東京7R>

10番ヴィアメント

キャリア8戦目にして初めてのダート。そこで芝よりも明らかに高い適性を見せました。内目の枠に入った先行馬を見ながら最初のコーナーは4番手でしたが、2コーナーあたりで抑え切れずに先頭へ。それでも、直線に入ってからはしっかりと末脚を使い後続に0.6秒差を付けて快勝しました。

使った上がりはメンバー中最速ですから、追っての味も見せました。今回は東京の軽いダートの「稍重」でした。重いダートでのパフォーマンスをチェックしましょう。

あとは、馬群の中に入って砂を被った際に対応出来るかどうかです。


<函館6R>

7番ルーチェドーロ

ダッシュ良くハナを切りましたが、促されており一本調子な感じはしませんでした。

3コーナー過ぎから早めにスパートされるとさっと後続に差を付けると、残り100m手前あたりからは流す余裕を見せての圧勝劇でした。58.5は「不良」という馬場レベルの手伝いが勿論あってのものですが、レコード更新は立派です。

上がり35.3秒もメンバー中最速のものでしたし、レース振りからはもう少し距離が延びても対応出来そうに思います。

重いダート・控えた際の対応の仕方などをチェックして好走レンジ<range>(走れる条件の幅)を測りたいところです。

棟広良隆

プレミアム会員に登録するだけで「コンシェルジュ的 穴馬考察!」を読める!

コンシェルジュ的 穴馬考察!
JRA開催3競馬場のメインレースの中で最も気になる魅力溢れる『穴馬』を、「棟広良隆が提唱する理論=激走レンジ<range>」に基づいて、理論的に説明します。

PREMIUM
コンテンツ一覧
スポーツコラム
  • 奥田隆一郎
  • 石橋武
  • 棟広良隆
  • 鈴原幻象
  • 真中剣二
  • 新良武志
Vstyleスマートフォン版
外出先でもスマートフォンで
Vstyleをチェック!
PR