コンシェルジュ的 先週の振り返り&今週の展望
棟広良隆

先週の回顧

棟広良隆

投稿日:2020/7/15

☆先週の振り返り<次走への注目馬>☆

【土曜日】

<阪神2R>

18番リズムオブラヴ

デビュー戦の前走は既走馬相手ながら1番人気に支持されましたが、1.3秒差・<8>着に終わりました。しかし、叩き2走目の今回は鮮やかな変わり身。3番手から4コーナーでは馬なりで先頭に躍り出ると、直線では後続を引き離す一方。余力十分で0.9秒差を付けて圧勝しました。

道悪の適性の高さも感じますが、軽い芝のパンパンの「良」でのパフォーマンスがどのようなものとなるか。楽しみです。


<函館2R>

1番ノワールフレグラン

ここまでの3戦は<9>・<5>・<8>着。着差は0.9・1.7・3.6秒とダートでの2戦の着差を考えると今回に一変振りには驚かされます。初めて装着したブリンカーの効果が大きかったということでしょう。それはレース後に吉田隼騎手も言及しています。

マークした走破時計1.45.6は同日の1勝クラスよりも0.4秒早いもの、2勝クラスとは0.6秒差。この比較からも優秀だったのは一目瞭然です。上のクラスでも通用するパフォーマンスですが、適性がまだ全く見えていなだけにそこを探る必要があります。

棟広良隆

プレミアム会員に登録するだけで「コンシェルジュ的 穴馬考察!」を読める!

コンシェルジュ的 穴馬考察!
JRA開催3競馬場のメインレースの中で最も気になる魅力溢れる『穴馬』を、「棟広良隆が提唱する理論=激走レンジ<range>」に基づいて、理論的に説明します。

PREMIUM
コンテンツ一覧
スポーツコラム
  • 奥田隆一郎
  • 石橋武
  • 棟広良隆
  • 鈴原幻象
  • 真中剣二
  • 新良武志
Vstyleスマートフォン版
外出先でもスマートフォンで
Vstyleをチェック!
PR