コンシェルジュ的 先週の振り返り&今週の展望
棟広良隆

先週の回顧

棟広良隆

投稿日:2020/7/28

☆先週の振り返り<次走への注目馬>☆

【土曜日】

<新潟9R>

4番エンデュミオン

ここ2走の早苗賞・平場戦と千八で<3>・<2>着としていましたが、ここにきて一気に二四まで距離延長。3番手からメンバー中最速の上がり34.7秒を使って0.6秒差を付ける快勝劇と、これまで以上の好内容を見せました。距離延長の理由がハッキリと理解出来ました。

瞬発力よりも持久力を更に問われる条件、つまり更に長い距離・重い芝でもっとレベルの高いパフォーマンスを発揮出来るようならば、活躍の場がより広がります。そこをチェックしましょう。


【日曜日】

<札幌2R>

7番ミエノワールド

調教では目立っていませんでしたが、実戦で良さが出ました。ゲートは早くはなかったものの、仕掛けられるとスッと好位に付ける二の脚を見せました。勝負どころでも手応えは最も楽でしたし、直線でもしっかり伸びました。

走破時計58.6は前日の1勝クラスから0.4秒差という上々の数字。初めての競馬でこれをマークしたことは評価出来ます。

『若干急仕上げ気味で競馬に使ったので、上積みはあると思う。』とレース後の川島騎手がコメントしているように、この後の上昇度合いが楽しみです。

棟広良隆

プレミアム会員に登録するだけで「コンシェルジュ的 穴馬考察!」を読める!

コンシェルジュ的 穴馬考察!
JRA開催3競馬場のメインレースの中で最も気になる魅力溢れる『穴馬』を、「棟広良隆が提唱する理論=激走レンジ<range>」に基づいて、理論的に説明します。

PREMIUM
コンテンツ一覧
スポーツコラム
  • 奥田隆一郎
  • 石橋武
  • 棟広良隆
  • 鈴原幻象
  • 真中剣二
  • 新良武志
Vstyleスマートフォン版
外出先でもスマートフォンで
Vstyleをチェック!
PR