コンシェルジュ的 先週の振り返り&今週の展望
棟広良隆

先週の回顧

棟広良隆

投稿日:2020/8/25

☆先週の振り返り<次走への注目馬>☆

【土曜日】

<小倉4R>

11番スワーヴシールズ

『厩舎サイドから砂を被らないように運んで欲しいとのことだった。』というレース後の幸騎手が述べているように、積極的にハナへ。道中ではフワフワして舌を出していましたし4コーナーでは外へ張っていましたが、直線でもしっかりと脚を使って快勝しました。

走破時計1.45.4は同日1勝クラスよりも0.2秒早いものでした。力は上のクラスでも通用することを示しています。

3走前の阪神千八では同様に逃げを打ちながら最後交わされているだけに、重いダートの千八では距離が長過ぎる可能性がありますし、また軽いダートで更にそのスピードが生きる可能性があることを示唆しています。


<小倉6R>

1番ダノンハーロック

前半は出ムチを入れてハナへ。しかし、向正面で一気に捲られて2番手に。かなり厳しい展開に映りましたが、そこから渋太く追い掛けて差し返し。後続に0.6秒差を付けて快勝しました。

『体はまだ少し重めが残っていて、ドタドタしたような走りだった。』とレース後の北村友騎手がコメントしているように、初めての実戦だったためかかなりズブさを感じました。しかし、実に長くいい脚を使っています。一戦だけで判断するのは早計ですが、瞬発力よりもスタミナに秀でたタイプに映ります。

棟広良隆

プレミアム会員に登録するだけで「コンシェルジュ的 穴馬考察!」を読める!

コンシェルジュ的 穴馬考察!
JRA開催3競馬場のメインレースの中で最も気になる魅力溢れる『穴馬』を、「棟広良隆が提唱する理論=激走レンジ<range>」に基づいて、理論的に説明します。

PREMIUM
コンテンツ一覧
スポーツコラム
  • 奥田隆一郎
  • 石橋武
  • 棟広良隆
  • 鈴原幻象
  • 真中剣二
  • 新良武志
Vstyleスマートフォン版
外出先でもスマートフォンで
Vstyleをチェック!
PR